契約したエステサロンの決済代行業者から「カード情報」が流出したら

credit-card

 

 

エステサロンの決済代行業者からカード情報流出か
日本クレジット協会が注意喚起

個人情報流出しカード不正使用のニュース画面

エステティックサロンと契約していた特定の決済代行業者から

クレジットカード情報が流出し、

悪用された恐れがあるとして、日本クレジット協会が5月17日に注意を呼びかけた。

 

「流出の事実関係を調査中で、断定は出来ないため、現時点では流出元の社名は明かせない。被害金額は調査中」(同協会)だという。

同協会によれば、クレジットカード発行会社は、

情報流出した可能性があるカードの不正使用を防止するため監視を強くしていると言う。

被害にあった恐れがあるユーザーには、

カード会社より6月中をめどにひとりひとり報告する予定。

 

同協会業務企画部の竹内伸介さんは

「決済代行業者よりクレジットカード情報が流出することは、さほど聞かないパターン」と口にする。

カード情報の流出は、加盟店のWebサイトがサイバー攻撃を受け、

漏れることがほとんどという。

 

ユーザーに向けて「利用明細を確認し、『海外で何かを購入した』など、

記憶に無い利用履歴があるのなら、

カード会社に問い合わせてください」(竹内さん)と注意を喚起しています。

※NHKニュースより

 

 

近年では、

  • 2013年の2ちゃんねる個人情報流出
  • ベネッセ個人情報流出事件
  • 2017年チケット販売大手の「ぴあ」 約クレジットカード情報約3万2000件が流出した可能性

などクレジット情報流出のニュースはたびたび起きています。

金庫ドロボー

統計でも、2016年にクレジットカード不正使用の被害総額は140億9000万円に上ってます。

 

エステサロンの契約でもクレジット支払いをすることは多いです。

現金でも支払うことはありますが、エステサロンの契約は高額なことが多いので、

ローンでクレジット払いっていうのは多いですよね。

 

痩身エステに契約して通うとなると、無視できないクレジットカード情報のこと。

 

  • クレジットカード情報が漏洩しないためにできること
  • もしも漏洩してしまったらどうしたらいいのか

まとめてみました。

 

まず知っておくこと・確認しておくこと

checklist-

①クレジットカード会社の犯罪対策機能は上がっています。

24時間365日監視する検知システムを導入するなど、セキュリティ技術は上がっています。

今後もこのセキュリティ技術は上がっていくはずです。

セキュリティ機能

さらに、現在のクレジットカードは「オンライン不正保険」というのもあり、

楽天・アマゾンなどのネット通販などで不正使用されてしまっても、

保証してくれる保険制度があります。

「JCBでe安心」制度
  • JCBだと、「JCBでe安心」制度
  • 楽天カードだと、「ネット不正あんしん制度 」

などがあり、現在はインターネット不正使用に対する保険をつけるのが主流になってきてます。

 

②利用限度額以上に使われてしまうことはない

クレジットカードは利用限度額を設定しているので、

無限に上限なしで使われてしまうことはないです。

 

③クレジットカード会社は、個人のクレジット使用パターンを考えている

生活サイクル

普段の生活では、毎月何日に引き落としなど、ほぼお金のやりくりは決まっています。

クレジットカード会社は、その個人の支払いパターンをほぼ把握しているので、

急に大きな買い物をしたり、早朝に大きめの買い物などをすると、

いつもと違うクレジットカード使用なので、

クレジットカード使用が一時ストップしたり、

何月何日にこの買い物をしたかどうかの連絡確認をしてくれたりします。

 

 

自分でできる対策は?

鍵とキーボード

まず、普段の生活・クレジットカードを使用することで気おつけておくこと、

知っておいたほうが良いことがあります。

 

 

①暗証番号を推測される簡易なものに設定しない・・・誕生日・123456など。覚えづらいものにするのは嫌ですが大事です。

 

②IDやパスワードの使い回しをしない

パスワード画面

 

クレジットカードの裏面には絶対サインをする=書いてないと、「本人に重大な過失があった」とされ保証されないことも。面倒臭がらずカードが届いたらすぐ書きましょう!

クレジットカード裏面

 

④クレジットカードを他人に貸したりしない・・・いくら親しくても危ないです。

クレジットカード貸し借り

 

⑤暗証番号を人にぶっちゃけない・・・そんなわけないか^^

 

⑥怪しげなお店・通販サイトでの使用はしない・・・サイトのデザインがすごくダサかったり、汚かったら用心。フィッシングサイトの可能性も。

 

⑦ネットで決済・情報を入力する場合に、そのサイトページのURLのアドレスに鍵マークが表示されるサイト(SSL対応)してるか確認する・・・URLのアドレスに「HTTPS」と表示されるサイトは通信が保護されており安心度が高いです。

SSL対応のアドレス

 

SSL(Secure Sockets Layer)・・・通信データを暗号化して通信を安全にする仕組み。

 

 大手検索エンジンのGoogleも、

2017年1月から、パスワード・クレジットカード情報を打ち込むページがHTTPSで無い場合、

URLアドレスに「保護されていない通信」と警告をだすようになりました。

それだけSSL対応はスタンダードになってきてます。

 

 

流出してしまったら

危険マーク

利用明細書をしっかりチェックする・・・いつもサラッとみるだけでしまってしまう利用明細も、

身に覚えがない利用がないかチェックします。

なにか不安があるならクレジットカード会社に電話して聞きましょう。

家計簿計算

そして、クレジットカード会社に利用停止の連絡をしてください。

解約ではなく停止にしましょう。

停止であれば手数料を支払って、別のクレジットカードを発行してもらえます。

解約してしまうと新規入会という形になります。

 

 

もしも、クレジットカードが不正利用されたら・・・

頭を抱える女性

 

万が一、クレジットカードが不正利用されても、カード保有者が費用を負担する必要はまずありません。

盗難保険があるからです。

 

たしかに、

クレジットカードが不正利用されたら高額な請求が来るんじゃないかと、心配になりますが、

実はそれほど怖がらなくても大丈夫です。

 

ほとんどのクレジットカードは入会と同時に盗難保険にも入ります。

だから、不正に使われても、その分の金銭を負担することはまずないです。

芝生とおもちゃ

 

今回の情報流出の事件に対する、大手カード会社や日本クレジット協会のアナウンスでも、

エステティックサロン等の利用代金を決済したクレジットカードの不正利用が発生しています。

日本クレジット協会エステサロンなどと契約していた特定の決済代行業者よりクレジットカード情報が流出した可能性があり、
これらのエステサロン等の利用者のクレジットカード情報を悪用した不正利用が発生しております。
現在、外部要因の可能性を含めて流出の事実関係を究明しています。

クレジットカードの発行会社は、情報流出した可能性のあるクレジットカードにつきまして、
不正使用を妨げるため監視を強化しております。また、情報流出の恐れがある消費者の皆様においては、
クレジットカードの発行会社から6月中(目途)に個別に通知を行う予定となっております。
因みに、詳細はお持ちのクレジットカードの発行会社のホームページなどをご覧になってください。

クレジットカードをご利用の消費者の皆様におかれましては、利用明細を必ず確認し、
覚えのない利用の記載があったときには、
クレジットカード裏面に記載されたカード会社へお問合せください。

※日本クレジット協会 公式サイトより

 

エステティックサロン等の利用代金を決済したクレジットカードの不正利用発生について

2017.05.17

jcbロゴエステサロン等と契約していた特定の決済代行業者より、
クレジットカード情報が流出した可能性があり、
これらのエステサロン等の利用者のクレジットカード情報を悪用した、
不正利用が発生しています。
現在、外部要因の可能性を含めて流出の事実関係を検査しています。

JCBでは、第三者による不正使用を防護し、
お客様に安心してご利用いただくため、不正検知システムを導入して、
24時間365日体制で監視しております。

クレジットカードをご利用のお客様におかれましては、
毎月のご利用代金明細をお確かめのうえ、
ご利用覚えがないものがあったときは、
クレジットカード裏面に載っているカード発行会社へお問合せください。

万一、本件に起因してお客様のカード情報が不正に利用され被害が発生した際には、
お客様にご負担をおかけすることの無いように対応してまいりますので、ご安心下さい。

それに加えて、本件にて情報流出のおそれがあるお客様には、
4月より順次ご案内をさせて頂いており、
6月までに完了する予定となっております。新しいカード番号に差し替えを希望されるときは、
無償にて再発行を承りますので、ご案内に記載のお問い合わせ先までご報告ください。

※JCBカード 公式サイトより

 

エステティックサロン等の利用代金を決済したクレジットカードの不正使用が発生しています

三井住友VISAカード

エステサロン等と契約していた特定の決済代行業者から、
クレジットカード情報が流出した可能性があり、
これらのエステサロン等の利用者のクレジットカード情報を、
悪用した不正利用が発生しております。
現在、外部要因の可能性を含めて流出の事実関係を調査しています。

当社では大切なお客さまを不正使用による被害よりお守りするため、
不正使用検知システム(24時間365日稼働)にてカードの利用状況をモニタリングしており、
不正使用の早期発見に注力しています。

万が一、クレジットカード情報が不正使用され被害が発生したのでしたら、
お客様にご負担をおかけすることのないように対応しておりますので、ご安心下さい。

また、本件に関しクレジットカード情報の流出の恐れのあるお客様には、
6月上旬以降順次7月にかけて個別に書面にて通知を行い、
ご要望に応じカードの差し替えを致します。

お客様におかれましては、
念のためご利用代金明細書・WEB明細書にてご利用内容をご確認いただき、
利用した覚えがないお取引がありましたら、
カード裏面の電話番号までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

※三井住友VISAカード 公式サイトより

 

となっており、保険で保護してくれているのがわかります。

万が一そういう状況になっても、あせらないことが大事ですね。

 

まとめ

埠頭に座る女子

 

  • 盗難・不正使用の保険制度をチェック
  • 怪しいところでカード使わない
  • クレジットカードを安易な番号にしない。大事に扱う
  • まず落ち着く。目が飛び出るほどの支払いにはならない
  • 流出したら利用明細書チェック

 

エステサロンの契約でも、これからの生活にも欠かせないクレジットカード。

それに付随する個人情報。

あなたの大事な資産を守るために、この記事が少しでも助けになれば嬉しいです♪

 

こちらの「特定商取引法」の記事もおすすめです。

 

credit-card

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA